いつものいっぽ。


フォトグラファーです。結婚の写真や、家族の写真や、七五三・成人式の写真とか・・・「記念写真」をもっともっとナチュラルに♪素敵なあしあと残しましょ。
by photo-satomi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:ふだんの。( 97 )

お空のもずくんへ。

ちょうどいちねんまえの今日、

もずくんはお空に行き、

会えなくなりました。

a0223907_1772676.jpg


こころを

包んでくれていた毛布のようなものが

サッと奪われたように。。

風がひゅーひゅーと吹きぬけて

守ってくれていたものがなくなって

あまりに無防備な。。。

例えるなら。。

こころが

そんな状態に感じました。




こういうことを

こころにぽっかり穴があいたみたい、

というんだろうなぁ。





そのまま月日は流れたけど、

なんとも言えない

喪失感。





ひとつの命の

その存在って、すごいんだなぁ。



a0223907_1771490.jpg




私はずいぶん泣きましたが

今は元気でやっています。



もずくんにそっくりな

かわいい子が

もずくんに会えなくなったのと同じ17の日に生まれて

我が家にやってきてくれました。



生まれ変わりなんだと 信じたい。



時は流れる

命はつながる


a0223907_177323.jpg



だから、大切に大切にしようと思うよ。


♪MONGOL800     to be continued


[PR]
by photo-satomi | 2017-05-17 17:30 | ふだんの。 | Comments(0)

月がきれいね。

夕暮れの空に 細い月。



いつかの空を思い出して、ため息ついたことや

いちにちの終わりに悔やんだことや

積み重ねた 少しの失敗も、、、

心にたまった そうゆうのを一度、「全部ナシっ!!」ってしたいけど、

どうしても年を重ねるというのは

それも全部持って行くということみたい。


a0223907_2358102.jpg



だけど

それと同じ分だけ

乗り越えた日も

ニコニコの空を見た日も

あるんだもんね。



できないことより

できるようになったことを。



うまくいかないことより

乗り越えて少し強くなった自分を。



失敗のあとのため息より

その次の日の笑顔を。



大切にしよう。



ほぼいちねん、

冬眠してたかもしれない。



いつのまにか 表に出せなくなった気持ち。


また ソロリソロリと、、、

書いていこうと

小さく芽生えた気持ちを


大切にしよう。


冬眠から目覚めて

春を探しに(^ー^*)




ぜんぶまとめて 今 やっと言える。




おはよう。

そして

ありがとう。




Caravan ♪サンティアゴの道


[PR]
by photo-satomi | 2017-03-01 00:16 | ふだんの。 | Comments(1)

どれくらい どれくらい。

a0223907_0111634.jpg



東京という大きなまち。


迷子になるくらいたくさんの路地があって

たくさんのお店があって

たくさんの人であふれた


大きな場所。


そこで 歌をつくって 歌っている素敵な女の子に出会いました。


a0223907_0122134.jpg



東京という大きなまちで はじめましてした彼女は

実は

私と同じふるさとで生まれ育って 同じ名字をもって。

同じ町内に住んでいて 小学校も中学校も同じだった。

誕生日の数字すらも似てる。



奇跡かと思った。



覚えてないくらい昔とか

いつかどこかですれ違ってたかもしれないね。何回も。

a0223907_011556.jpg


でも

きっと、今 ここで出会ったことに意味があるんだろうな。


a0223907_0114310.jpg



撮影を終えて、おしゃべりして、バイバイしたあとに

どうしても余韻がのこって

ずっと 彼女の歌を聴いてる。


a0223907_0121188.jpg



これがきっと 歩いてきた道なんだろう。


a0223907_01179.jpg



こころって おもたいよねえ。

からっぽじゃないもん。

歩いた分だけ

たくさん想って 感じて 

こころにつまってるぬくもりも  強さも  弱さも





それが  その魅力を つくりあげてるんだろうなぁ。







どれくらい どれくらい どれくらい ゆけば

自分の輝きつかめるだろう。。。


a0223907_0113375.jpg



私も  まっすぐ まっすぐ まっすぐ ゆくよ。

私は私のままで(^ー^*)


ほんとうに ありがとう。



安藤真弥ちゃんブログはこちら

私の好きなうたも貼り付けておこう。

安藤真弥  ♫へたくそんぐ


[PR]
by photo-satomi | 2016-11-12 01:00 | ふだんの。 | Comments(0)

こころから、ありがとうございました。

いつものいっぽ展 〜ふるさと編〜


無事終えることができました。


みんなみんなに、、

本当にありがとうございました。


a0223907_21112687.jpg



今日、お部屋を片付けてきました。



写真を目の前に並べて

気持ちを目の前に並べて

大号泣した、いつものいっぽ展がはじまる前夜。



ぱんぱんの目で迎えた初日の朝。

早かったなぁ、1ヶ月。



片付けるのは、あっけないほど早く。。

でも、確かに、

1ヶ月前と今では。。。自分の中がちがう。



私のいっぽいっぽは ここまで

かっこよくもなく

スタイリッシュでもなく

スマートでもない。。


ただただ 不器用ないっぽいっぽだったなぁと思う。



助けられて、ひっぱってもらって、おしりもたたいてもらって、

道がわからなくなったときは

「こっちだよ」って照らしてもらって


。。いろんな人の優しい顔が浮かぶよ。





ただただ  時間は進んでく。


a0223907_21104241.jpg




1ヶ月の展示中に


しっかりと小さな小さな新しい芽が芽吹いて、


a0223907_21121316.jpg



時間の流れを教えてくれた、大きな木。


時間とともに 歩いてる。前に。前に。


そして
歩くと見えた この景色。


泣いても 笑っても めげても かっこわるくても。。。


歩かなかったら 見えなかった、この景色。


a0223907_21114241.jpg



「もう書くところないよ」って、いっぱいにいただいたノートのメッセージ。

遠く遠くから見に来てくれた方々。

なんどもなんども来てくれた方々。

小さな赤ちゃんを抱っこして、「ここまで来るのが私の大冒険でした」って

ドキドキしながら来てくれた方々。

車に乗り切らないほどたくさんのお花。

笑声も、涙も、、


たくさんの方々の言葉が聞こえてきた。



a0223907_21195116.jpg



a0223907_21111397.jpg






すべてが私のチカラになったよ。





不器用ないっぽいっぽだけど、


また

しっかり踏みしめて歩いてくね。

私の 大好きな 愛おしい ふるさと(^ー^*)



a0223907_2111293.jpg




ありがとうございました、こころから。
[PR]
by photo-satomi | 2016-09-27 21:40 | ふだんの。 | Comments(2)

いなくなっちゃった。

いっぽ展に置いてある写真、

何枚か 無くなってしまいました。。。



見る方に触れて、近い距離で、いろいろ感じてほしいと

そう思って

紙もこだわって選んで、

ツルツルしたのや、ボコボコしたの、ザラザラしたの、、

なでなでしながら、いろいろ思っていただければと、

そう思って

自分の想いもこっそりつめて、



”手に取ってご覧下さい”

という形で展示した、風景の写真。



ふと気付いたら、最初に置いたはずの写真が、ないの。



よくみてみると、何枚も、ないの。


a0223907_2334157.jpg



だれかが持って行っちゃったのかな。



大きな空とウルルも、夕暮れとラクダも、海と朝日も。。。

ない。



驚きました。


でも、

きっと、「ご自由にお取りください」と間違えちゃったのよね?

それに、持って帰りたいくらい、素敵に思ってくれたとゆうことよね?




まず、残念なのは、みんなみんなに見ていただきたかったから、

最近来てくれた方々は、きっと見なかったんだなぁ。。と思うと、

きのう来てくれた大好きな方々も、今日遠くから来てくれた大切な友達も、

ニコニコしゃべったみんな、通りすがりに微笑みながら見てくださった方々、

メッセージ残してくれた温かい方々、、みんなのお顔が浮かんで、



なんだかとてもさみしい。



よくばりだけど、全部見てほしかったから、

いないと思うと、ポッカリ欠けちゃったみたいに。。




a0223907_23124181.jpg






今ごろ、どこにいるんだろうなぁ。




大切に、かわいがられていますように♡




そして、ここまで頑張ってくれたプリンタ、

どうやら今になって、具合が悪いみたい。


ご機嫌を直してくれないプリンタと、

向き合いながらいろいろ想う夜。



いろんなことがあるね。



でも、

おかげで知る、素敵なこともある。



まだまだつづくよ、いっぽ展。



写真との、こころとの、、

距離が近い、

そんな空間がいいなぁと

思い浮かべて写真を並べたよ。



じっくり楽しんで行ってください♡
[PR]
by photo-satomi | 2016-09-09 23:24 | ふだんの。 | Comments(3)

ぼーっと、頭の中個展。

最初の土日が終わりました。


ぼーっとすると頭の中には

個展に来てくれた方々のお顔や声が浮かんで

すぐ「ひとり思い出しいっぽ展」がはじまってしまう現象。



雨だった予報が、暑いくらいのいいお天気だった今日の撮影。

やっぱり写真を撮るべきなんだと思う、私は。


だってこんなにも嬉しい気持ちになるんだもん。


神社のご祈祷撮影を終えて、ご家族のおうちにお邪魔すると、

冷蔵庫にぺたんと、いつものいっぽ展のDMハガキが貼ってありました。


私がお邪魔するよりも先に、ハガキが堂々と、、

ずいぶん前からご家族の生活の一部に入れてもらってるかのように

なんだか、得意気に見えました。


うれしいなぁ。


いつものいっぽ展、

会場入り口にある

ご自由にお取りくださいのカード。。。

最初の土日の2日間にして、すでに底つきそう。。。


嬉しいなぁ。


また作るね♡

a0223907_023278.jpg



日付が変わって今日、月曜日で休館日になります。

次は9月6日9時からオープン♡

そんで、次、私が行くのは9月8日の14時から17時くらいまでです。


楽しみにしています(^^)


さあ、いったん、「ひとり思い出しいっぽ展」休憩して、

通常業務に戻りましょ。


今日も素敵ないちにちを ありがとうございました(^ー^*)
[PR]
by photo-satomi | 2016-09-05 01:12 | ふだんの。 | Comments(0)

いっぽめ。

素敵すぎるいっぽめ。


いつものいっぽ展、初日にお越し下さったみなさま

ほんとうにありがとうございました。


久しぶりの方々の元気なお顔が見れたり、


はじめましての方々がどこかで私のことを知ってくださって
はるばる見に来てくださったり、


通りすがりのカメラ好きのおじちゃんが
今日の間に2回も来てくれたり、


私のことをよく知る大切な人たちが
じっくりじっくり見てくれたり、


海の向こうの大好きな方々から
素敵なお花が届いたり、


私は、嬉しすぎる。



みなさんからのお花がお部屋を鮮やかにしてくれて、
パチパチと拍手してくれてるように見えました。



こんなにもこんなにも 嬉しい気持ちをもらったんだけど、

私はどうだろうか。

どうやって みなさまに 返して行けるだろう。



こんなにもこんなにも。



言い尽くせないけど、

ほんとうに ありがとうございました。


なんだか、書けないくらい、気持ちがあふれています。



明日からも、どうぞよろしくおねがいいたします。



明日は、15時くらいにいけるかなぁと思います。

会場のまわり一方通行が多いのと、駐車場入り口が建物の裏っかわに
あるので、わかりづらいかもしれませんが、
気をつけてお越し下さい。


a0223907_22324557.jpg



お部屋の入り口。

こっそり個展に込めた気持ちが書いてあります。

こころの中にじんわり現れた気持ちを

書くのが少し恥ずかしかったので

薄い色の字で書いてあります。


老眼の母さんに、

「よめんわ」と言われました。


そっか笑  ごめんね。。


はずかしくて、ついこっそりね(^ー^)
[PR]
by photo-satomi | 2016-09-03 22:44 | ふだんの。 | Comments(0)

門出。

みんな それぞれ。。

歩いて 歩いて

自分で選んで 切り開いて

導かれて 

辿り着く場所で。



a0223907_2213966.jpg




たまたま出会うの。




そんで、

同じ空間にいて 同じものを見て

となりにすわって 一緒に笑ったり 

あーだこーだ 時間を忘れるほど 話したりするのに



それでも

きっと それぞれ 違うものをみて 違うことを感じてたりするんだろうなぁ。


a0223907_22315321.jpg





そして 

どれだけか 一緒に時間を過ごしたら



また 旅立ってくの。

それぞれの道に。






でも、さみしくないもん。




これから 歩く道の中で 

虹色の景色

心のままに 切り取ってね。


a0223907_21505220.jpg



いつの日か。。


何を見て、何を感じたのか

どんな道歩いてきたのか。。

虹色。

いろんな色。



また 出会えたときに

見せてほしいなぁ。


a0223907_2151530.jpg



きっと 素敵な時間になるよ。




出会えたこと ありがとう。

そして いってらっしゃい(^ー^)


にこにこしながら 大きく手を振ってるよ。
[PR]
by photo-satomi | 2016-02-07 22:39 | ふだんの。 | Comments(0)

ねえさんについて書きました。

ねえさん。。



ねえさんは、私とカメラが出会うよりも もっと先に出会った方です。


はじめて私が社会に出ることになったときの、


いちばん最初の「こわい人」でした。


(※ねえさん、怒らずに最後まできいてください。。)



まだ、「仕事」というものがなんなのか全くわからない。。

大人のような、子供のような年だったころです。


a0223907_23275678.jpg




ねえさんは、

最初に私に社会を教えてくれた人。。

雲の上のような存在で。。

なんだかいつも怒られるんじゃないかと、

ただただ ドキドキしてたくらい。。。



ねえさん、こわかったです、あの頃。


a0223907_23215722.jpg



でも、あれから、何年でしょう。。(数えるのはやめましょ)



今や、ねえさんの家にパジャマで上がりこみ

ときには朝までのんで 語って。。

一緒に旅行に出かけたり。

こうして 写真を撮らせてもらったり。。



そして

話す内容は うれしいことに 相変わらずの仕事の話も。




でも、あの頃より ちょっとだけ経験を積んだ私は

ねえさんと こうして語れる日がくるなんて、

あの頃の自分が知ったら。。びっくりだろうなぁ。





そして おさらいします。





ねえさんは、

今でも私に社会を教えてくれる人。。

プライベートでも素敵なセンスをもっていて
雲の上のような憧れの存在です。。

今でも間違えると本気で怒ってくれます、

ただ もうドキドキはしません。。。




さらに

ノンストップでよくしゃべる。

たまにおっちょこちょいなのがかわいいんです。

忘れてほしいことは すぐにさっぱり忘れてくれます。

忘れてほしくないことも すぐにさっぱり忘れますので、

何度でも話します。

相変わらず いつ見ても 仕事もなんでもできる方です。

魅力的な女性です。




あのころは知らなかった

ねえさんのいろんな魅力を知りました。。

ねえさんも私のいろんなことを知ってます。。

(※忘れていなければ。。)



だから、おもしろいなぁとおもうんです。



一回の人生で、

一瞬だけの出会いの人もいれば、

こうして 何度でも出会う人。

そして 深い関係になる人。


a0223907_23233010.jpg



ねえさんは、私に たくさんのことを

教えてくれて、

そして、

ときに仕事、ときに人生、ときにガールズトーク。。

。。今でも その可能性が増え続けてると思うんです。










でも それって、きっと

お互い 一生懸命 歩き続けてるから

見えるものなのでしょうね。



a0223907_23203692.jpg





ねえさん、いつも本当にありがとうございます。


また、重いよ、と笑われても。。笑、

やっぱり ねえさんに出会えて

よかった。



毎年、年末がくると そう思うのです。



来年もまた、よろしくお願いします♡
[PR]
by photo-satomi | 2015-12-28 00:02 | ふだんの。 | Comments(0)

伝えつづけること。

伝えつづけなきゃいけないなぁと。。おもった。

a0223907_00170593.jpg

とは言っても。




「伝える」ということは、何かに向かう強い強いチカラがないと

できないことで


a0223907_00190563.jpg


そして それを「つづける」ということは

決して簡単ではなくて

とてもパワーがいることで

怖くて逃げたいときもあったりして。。


a0223907_00184299.jpg

ときに めそめそしたり へこたれそうになったり

いや、やっぱ 無理。。。


とか、おもうけど。







私だけじゃないんだなぁ、めそめそしたりするのは。


と、おもった。

a0223907_00181053.jpg

伝え続けてる人は、キラキラとステージの上で

光りを浴びて、まぶしくて、素敵だけど。



そのキラキラした瞬間 人に何かを伝えるために

見えないところで

どれだけの信念を持って

どれだけのチカラを持って

どれだけの壁をのりこえてるんだろう。。と。




ひさしぶりに撮影させてもらった 

シンガーソングライター佐藤梓ちゃんは

ますます 輝きを増して。



a0223907_00173958.jpg


ほんとうに 素敵だったなぁ。





「私も がんばろう」と静かに想った。


梓ちゃんが歌にのせて伝えた何かが、


たぶん、私の気持ちをそうさせたんだろうなぁ。




ありがとう。












[PR]
by photo-satomi | 2015-12-22 00:40 | ふだんの。 | Comments(0)


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
こんばんは。お返事だいぶ..
by photo-satomi at 23:59
こんばんわ。 さとみさ..
by 静岡の若者写真の人 at 23:43
sotomituさま ..
by photo-satomi at 00:01
いつものいっぽ展にお越し..
by photo-satomi at 23:59
りなさん、今更のお返事に..
by photo-satomi at 23:56
写真展、お疲れ様でした。..
by りな at 22:46
今日個展お邪魔しました。..
by Monnick at 21:17
今日個展お邪魔しました。..
by Monnick at 21:16
こんばんは! sato..
by sotomitu at 22:40
あけましておめでとうござ..
by photo-satomi at 10:43
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧